榎木孝明:激やせの理由は断食?きっかけはインド?現在は?えのきたかあき

こんにちは。劇団四季が大好きなASAKO★です。

今回は、榎木孝明(えのきたかあき)さんについてご紹介します。

榎木孝明さんといえば、若い頃は劇団四季で活躍し、退団後もテレビドラマ「浅見光彦シリーズ」などで大活躍です。

そんな榎木孝明さんですが、役作りのために定期的に食事を摂らないことで体重を落としています。

榎木孝明さんが断食・不食を始めたきっかけや理由、その時の様子などについてご紹介します。

榎木孝明さんの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。




榎木孝明:激痩せの理由は断食?きっかけはインド?

榎木孝明さんは2015年に激痩せし、ネットでは「病気なのでは?」という声があがりました。

しかし、実際には榎木孝明さんが痩せたのは病気ではなく、食事を摂らなかったことが理由です。

一般的には「断食」と言われることが多いですが、榎木孝明さんがしていたのは正しくは「不食」です。

 

榎木孝明さんが言うには、「断食」は、お腹が空いていても我慢をしている状態、「不食」は我慢などとは全く無縁の行為とのことです。

 

榎木孝明さんは、20代の頃に行ったインドやネパールへの旅から、この不食を始めるきっかけになったようです。

榎木孝明さんは海外に旅行に行くのに、行き当たりばったりで食事をまともに摂ることができないことも多々あったんです。

その結果、帰国後には10㎏近く痩せていました。

しかし、榎木孝明さんは体重が落ちると、それまでの腰痛も治まり、むしろ体調が良くなったと言います。

榎木孝明さんにとって不食というのは、食べることを我慢する苦痛な時間ではなく、むしろプラスに考えていたんですね。

今よりまだまだ発展途上だったインドなどに、行き当たりばったりで行くというのは、なかなか勇気がいりますよね。

これに対して専門家からは、「不食は危険な行為だ」という意見もあります。

榎木孝明さんも病院の一室を借りて専門家のアドバイスの元に不食を行っていました。

なので、簡単に誰でも真似して良いものではなさそうですよね。

 

続いて、榎木孝明さんが現在も定期的に断食をしている理由についてです。


榎木孝明(激やせの理由):断食の理由はなぜ?

榎木孝明さんは、2005年制作の映画『アダン』では、2週間で15㎏も体重を落としていました。

榎木孝明さん自身、痩せた理由が「不食」であるということを、2015年の「とくダネ!」で話していますよ。

 

さらに現在も、榎木孝明さん定期的に「不食」をしています。

2023年5月には、舞台『泣いたらあかん』で10㎏ほど身体を絞って出演していました。

このように、榎木孝明さんは役作りのために「不食」を取り入れているようです。

当時の写真がこちらです。

『泣いたらあかん』は、大正時代~昭和時代のはじめのお話です。

確かに昭和のはじめだと、日本は今ほど食べ物も溢れていないですよね。

太っているより少し瘦せている方が、作品の雰囲気にも合いそうです。

ですが「不食」で痩せるというのは、誰でもできることではありませんね。


まとめ♪榎木孝明:激やせの理由は断食?きっかけはインド?現在は?えのきたかあき

今回は、俳優の榎木孝明さんの激やせのきっかけや理由について、ご紹介しました。

榎木孝明さんが激やせしたのは、食事を摂らない断食が背景にあります。

断食のきっかけは、若い頃海外に行ったことでした。

何日も食べないというのは、多くの人にとっては考えにくいことです。

ですが、断食で痩せることは榎木孝明さんにとって役作りの1つの手段になっています。

榎木孝明さんは痩せることでむしろ、身体の調子が良くなると言っています。

榎木孝明さんにとって、断食との出会いは俳優という仕事をするにあたって、良いものだったんでしょうね。

ですが、真似して断食する場合は、専門家のアドバイスの元に行うようにしなければいけません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました